オオサカ堂の移転による商品注文の変化

オオサカ堂は、独自ドメインを持って経営を行っていましたが、ドメインの変更に伴って通販サイトは移転しています。
移転先のドメインには、オオサカ堂の名前が含まれていませんが、経営は従来のオオサカ堂と同様なので安心です。

オオサカ堂情報の理解したいならこちらのサイトです。

オオサカ堂の移転理由は、公式に公表されていないので不明ですし、ドメインが変更された原因も一切不明です。

マイナビニュース情報をお教えします。

しかし、オオサカ堂には長年経営を続けている実績があるので、信頼性の点で不信感が強まる可能性は低いといえます。
注文先は、従来のドメインとは違うので、旧URLにアクセスしても注文を行う事は出来ません。



旧URLは、医薬品の情報提供に特化しているので、新規に注文は受付けられていない事が特徴です。

また、新サイトもデザインは今までと同じなので、注文方法を新たに覚えたり、使い方を学び直す事は不要です。

経営側にとっては、知名度の高いURLを販売業務から外す事になるので、その点は売上に影響する欠点の一つです。

ただ、消費者側から見れば、URLの変更以外の変化は大きくないので、利便性の点は特に変わっていないと評価出来ます。


一時は購入が出来なかったり、その理由が不明といった混乱はありましたが、再び購入可能なサイトが公開された事で、混乱は収束して落ち着いています。

これまで商品を購入した経験がある人でも、新しい注文先から商品が届く事に不安はありますが、一度でも確認を行えば信頼性の再評価は十分です。
新規に注文を考える場合は、経営者が従来と同じである事、同一の店舗名で経営を行っている事を基準に信頼性を評価する事が役立ちます。